アイフルの多様なキャッシング

アイフルのキャッシングの申し込みは、多様です。
パソコン・携帯でネットから、店舗で、電話から、とどこからでも申し込めます。
アイフルを初めての利用の場合、審査というものがあります。
きれは、借入希望額を返済できるのかどうか、実際に本人が存在しているのかどうかの2点です。
返済については、固定収入があれば、借入額によって違いますが、問題はありません。
本人の存在についてというのは、実際に職場や自宅に電話があります。
その際は、「アイフルですが」というものではなく、友人・知人のように電話がありますので、周囲に分かってしまうことはありません。

 

ともかく、急いでるのですがという場合は、店舗か自動契約機の利用が便利です。
ちなみに、アイフルでは店舗に行っても、一般的なキャッシングでは、その場での融資はありません。
審査にかかる、時間は30分ほどから1時間です。
店舗・自動契約機なら、審査後にアイフルカードが交付されます。
そのカードを使用して、コンビニATM・提携ATMでキャシングできます。
申込み・審査の際には、本人確認書類が必要です。
一番簡単なのは、運転免許証や保険証です。
申込みの時間帯によりますが、日中であれば即日融資が可能です。
また、アイフル利用者の23.6%がパート・アルバイト・契約・嘱託ですので(アイフルHPより)どなたでも安心して借りることができる会社です。

 

 

 

アイフルで審査を受ける

アイフルに申し込んでお金を借りるためには、審査に通過する必要があります。
申し込み時には氏名、年齢、住所、家族構成、勤務先、勤務年数、年収を報告して、契約が通るかどうか、いくら借りられるかについて
審査を受けます。

 

20歳以上の安定した収入がある人であれば、申し込むことができ、正社員でないといけないということはなく、アルバイトやパートでも基準を
満たせば借りることができます。

 

では具体的には、どのような審査が行わせているのでしょうか。
住所に関しては、賃貸よりも持家の方が信頼性の面で有利になります。一か所に長い間住んでいる方が、評価も高くなります。

 

勤続年数に関しては、勤続年数が長いほどに、今後も安定した収入が得られると判断されて、評価が高くなります。
年収に関しては、低すぎない限りはさほど問題はありませんが、高い収入の人であっても、転職を繰り返しているような場合には、
評価が低くなります。

 

審査では他社からの借り入れ状況に関しても、調べられます。複数の借り入れがあり、返済が難しいと考えられる場合には、アイフルで新たに借りることは難しくなります。

 

過去に返済が遅れたり、未払いがあったりする場合にも、しっかりとわかりますので、借り入れは難しくなります。

 

 

以上のような審査を通過して、お金を借りられるという流れになっています。