アイフルの申し込み手順

会社員にとって、急な出費は対応に困る。
いまやネット社会。ほとんどの業務でパソコンがインターネットに接続されている。
また、スマートフォンなどで身分証明書を電子データ化できれば、当日の借入も可能である。
金利は17%から18%と高めの設定ではあるが、50万円を借りると約300円の日利息。
どうしても当日の入金が必要なときには重宝する。

 

アイフルの申し込みはこうだ。
インターネットの申込フォームから情報を入力して、身分証明書を電子メールで送付。
手続きが当日の14時までに完了できれば、振込が可能になる。
イメージ的には銀行系の方が良いが銀行系では審査に日数がかかってしまう。
一番重要なことは会社員であると証明できること。
会社員であれば、会社に電話はかかってくるが「○○さん」いらっしゃいますか?
程度の質問で審査が通ってしまう。

 

また店舗へ行って、免許証を携帯していれば即金が借りられるが
店舗へ入るところが目立つ立地条件の場合は利用しにくい面もある。

 

今はほとんどのローン会社がインターネットでの受け付けが可能となっている。
いざという時のためにも申込だけでもしておくと、あわてて手続きして不要な利息を
払うはめにはならないと思う。

 

サービスの一環として7日間、15日間、30日間無利息などのうたいもんくが良くあるが
ポイント制などのシステムを利用することが条件となっている。
ただでお金を貸していては、金貸しは運用できない。